こんにちは(^^)/

本日は漆喰についてのお話をさせて頂きます。

弊社ではほとんどの物件で漆喰を使用しています!

漆喰とはどんな効果があるのか知らない方も多いので、ご紹介致します。

 

 

【メリット】

〜優れた調湿効果

漆喰で注目されている効果は調湿作用。高湿度だと余分な水分を吸い取り、低湿度になると水分を放出する湿度調整の機能を持っているため「呼吸する壁」とも言われています。

 雨が続く湿気の高い状態でも快適で、カビやダニなどの発生を抑え、快適な湿度を保ってくれます。

 

〜耐火性に優れる

建築基準法の中でも漆喰は不燃材料(燃えにくい素材)として認められています。火災がおきた場合も、部屋の中全体に燃え広がりづらい特性を持っています。ビニールクロスは化学物質で作られているため、火災により有毒ガスの発生する可能性があります。漆喰の場合、壁が燃えたとしても、有毒ガスの発生する可能性は極めて低いと言えるでしょう。防火対策という意味でも、漆喰はおすすめです。

 

〜手軽にお手入れできる壁

漆喰は長時間経過してもほとんど見た目の変化がありません。漆喰は消石灰を主原料の為、静電気をため込まない性質を持っています。ほこりやゴミなどが付着しにくいのも特長のひとつです。

小さなお子さんが壁に落書きをする…そんな心配をされる方も多いと思います。

ビニールクロスの場合はその部分の張替えが必要となりますが、漆喰は落書きした上から薄く漆喰を上塗りすれば、きれいにできます。ちょっとした汚れであれば、自宅にある消しゴムを使ってきれいに消せます。

 

 

【デメリット】

〜手間と時間がかかる施工

養生をして下塗り、その後仕上げ塗りと手間がかかります。コストが高くなるというものの、ビニールクロスのようにそう何度も張り替えをする必要はありません。短期的に見るとコストは高いかもしれませんが、長期的な視野に立つと、むしろビニールクロスと比較してコスパに優れた壁材といえるかもしれません。

 

〜ひび割れの起きる可能性

施工下地の状態や施工環境の影響を受けてひび割れが発生することがあります。地震等でもひび割れが発生する可能性があります。ひび割れが起こった場合は、薄く上塗りをしてひび割れ処理することが可能です。

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM