JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

天童市 Y様邸

 

こんにちは(^^)/

本日は天童市のY様邸の引越しをお手伝いさせて頂きました。

倉庫のみを残す形で分離解体をし、平屋の新築を建てる予定となっております!

思い入れの物は記念に残しつつ、新しい家に期待を寄せての作業です。

お花がお好きな奥様から寄せ植えと、吊り下げのポトス・今が旬のサクランボ等を頂きました♪

有難うございます(^▽^)o

 

 

平屋の響きは和風なイメージがありますが、Y様邸は南欧風のイメージになります。

南欧とは、ギリシャやスペイン、イタリア、フランス南部などといった地中海のリゾート地付近をさします。南欧にある家をイメージして作られた住宅を、「南欧風の家(南欧風の住宅)」と呼んでいます。スパニッシュ、プロヴァンスなど、土地の名前にちなんだ呼び方をすることもあります。

 

 

南欧風なら、カラフルな瓦の屋根を外すことはできません。

赤やオレンジ、茶色といった暖色の素焼きの瓦は、南欧風住宅の象徴です。

Y様邸でも洋瓦を採用する予定でいます。どんな風に仕上がるのか今から楽しみです(^^)

 

 

こんにちは(^^)/

本日は漆喰についてのお話をさせて頂きます。

弊社ではほとんどの物件で漆喰を使用しています!

漆喰とはどんな効果があるのか知らない方も多いので、ご紹介致します。

 

 

【メリット】

〜優れた調湿効果

漆喰で注目されている効果は調湿作用。高湿度だと余分な水分を吸い取り、低湿度になると水分を放出する湿度調整の機能を持っているため「呼吸する壁」とも言われています。

 雨が続く湿気の高い状態でも快適で、カビやダニなどの発生を抑え、快適な湿度を保ってくれます。

 

〜耐火性に優れる

建築基準法の中でも漆喰は不燃材料(燃えにくい素材)として認められています。火災がおきた場合も、部屋の中全体に燃え広がりづらい特性を持っています。ビニールクロスは化学物質で作られているため、火災により有毒ガスの発生する可能性があります。漆喰の場合、壁が燃えたとしても、有毒ガスの発生する可能性は極めて低いと言えるでしょう。防火対策という意味でも、漆喰はおすすめです。

 

〜手軽にお手入れできる壁

漆喰は長時間経過してもほとんど見た目の変化がありません。漆喰は消石灰を主原料の為、静電気をため込まない性質を持っています。ほこりやゴミなどが付着しにくいのも特長のひとつです。

小さなお子さんが壁に落書きをする…そんな心配をされる方も多いと思います。

ビニールクロスの場合はその部分の張替えが必要となりますが、漆喰は落書きした上から薄く漆喰を上塗りすれば、きれいにできます。ちょっとした汚れであれば、自宅にある消しゴムを使ってきれいに消せます。

 

 

【デメリット】

〜手間と時間がかかる施工

養生をして下塗り、その後仕上げ塗りと手間がかかります。コストが高くなるというものの、ビニールクロスのようにそう何度も張り替えをする必要はありません。短期的に見るとコストは高いかもしれませんが、長期的な視野に立つと、むしろビニールクロスと比較してコスパに優れた壁材といえるかもしれません。

 

〜ひび割れの起きる可能性

施工下地の状態や施工環境の影響を受けてひび割れが発生することがあります。地震等でもひび割れが発生する可能性があります。ひび割れが起こった場合は、薄く上塗りをしてひび割れ処理することが可能です。

 

 

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

東根E様邸只今建築中!

 

東根市のE様邸の進捗状況です。

現在は外壁が張られ、木工事終盤となりまます!

白一色のシンプルな平屋の外観は、上品で落ち着きのある飽きのこないデザインですね(^^)

 

 

玄関隣の物入兼ファミリー玄関は収納力抜群の広さがあります。

外物入、納戸が一つにまとまった部屋があるので物の管理もしやすいです♪

 

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

東根 E様邸 只今建築中!

 

五月末になり、過ごしやすい気温になりましたね(^^

少しずつ生活も活気ついてきて、皆様お忙しくお過ごしのことと思います。

お体に気を付けて頑張りましょう!

 

本日ご紹介致しますE様邸。

只今木工事中です。7月末完成予定となっています!

以前もブログでご紹介致しましたが、温かいお住まいに!との強いご希望がございました。

前回はパネルヒーターのご紹介でしたが、今回は断熱のご紹介をさせて頂きます(^^)

 

 

外張りと内張りのダブル断熱に加え、天井に吹付を施し気密性がUPしたお住まいになります。

冬場、熱は温度の高い方から低い方に移動します。しっかりした断熱性能や気密性能がないと、暖かい室内から寒い屋外へ熱が逃げていきます。

アクアフォーム160mmを吹付ることにより隅々まで天井をすっぽりと覆い隙間が無くなります。

これにより、断熱効果が格段に上がります。

夏場は逆にタイペックシルバーで抑えられなかった太陽光の熱を、アクアフォームでブロックすることでしっかりガード!

 

 

ぎっちりモコモコ吹き付けてありますね(^^)/

温かい家造りのご相談等お気軽にお問合せ下さい。お待ちしております!

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

長町 T様邸 完成住宅の紹介です。

 

子育て応援。小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心して過ごせる住宅が完成致しました。

 

ホワイト&ブラウンを基調とした全体的に落ち着きのあるお住まいです。

 

 

 

玄関ポーチは広々と開放的。

小中学生になれば子供の靴や雨具・スポーツ用品などが増えていきます。ファミリー玄関を折戸で間仕切る造りにし、玄関が靴やモノであふれかえらずに済む設計になっています。不意にお客さんがいらしたときにもすっきりとし、プライベートな空間を分け、生活感を目隠し出来るようにしました。

アーチ壁・レッドシダー・ホワイトの建具等洋風な印象に仕上がっています。

 

 

 

間仕切り障子を収納すればキッチンから和室まで広々とした空間に。

リビングから見ても和風になりすぎない様横格子の建具にしました。

和室はグリーンで統一し、爽やかな印象。

 

 

 

階段脇は収納とカウンターを設置。

生活ペースが別々な日でも、家族が顔を合わせられるように、リビング経由で上階に向かえる階段配置に。

キッチンから目の届く場所に設けたスタディコーナーは分からないことは両親に質問してコミュニケーションを。家事をしながら宿題の進み具合を見守ることができます。

また、夜は書斎代わりにも。親子一緒に絵を書いたりと、趣味のスペースとなってもくれます。親子共有のカウンターを設置し多目的な活用が可能です。

 

 

 

 

寝室・廊下・サンルーム・ウォークインクローゼットが一周できる同線を重視した二階のつくりは、忙しい子育て世代には嬉しい同線です。洗濯物を畳んですぐにクローゼットに収納可能です。

 

 

お子さんの人数や成長に合わせ、柔軟に対応できる子ども部屋。

時期に合わせたつくり方(変更)ができるのも注文住宅の醍醐味。

幼いうちは広い子ども用スペースを確保し、成長して自室を欲しがるようになればそのスペースをぴったりとした本棚等で区切り部屋に変えることもできます。

これはスケルトン・インフィルという家づくりの考え方に沿った部屋づくりです。

始めから壁を設けないからこそ、柔軟に対応できるのです。

子育てしやすい間取りは、今現在の暮らし方だけでなく将来どんな過ごし方をしたいかまでを見据えて検討しなければなりません。

お子さんが乳幼児、小学生、中学生、高校生と成長するにつれ、親子の関係も少しずつ変化し・自立していくからです。

 

 

家族全員のライフステージの変化にそっと寄り添い、一緒に成長していく家造りが出来ました。

長町 T様邸完成間近!

 

長町のT様邸が完成間近となりました(^^)/

養生も外し、全貌がはっきりと確認できます。

落ち着いた配色でモダンな印象に仕上がっています。

 

アイアンの手摺が取付られたセミオープンの階段。

以前モデルハウスで起用した形です。

こちらのデザインを気に入って下さるお客様が多くいらっしゃいます。

オープンすぎては怖いけど、開放的にしたい…という方にオススメです♪

階段下は機能的にカウンターと収納があり、余すことなく活用しています(^^)

(見えませんがリビング側にも扉付きの物入があります)

 

 

クロスの配色を抑えたリビングなので、アカシアのカウンターがとっても目立ちオシャレですね☆

キッチン上のレールで移動できるペンダントライトとの相性も◎

 

 

後日完成しましたら、各部屋の写真をアップ致しますのでお楽しみに(^_-)-

 
 

こんにちは。

五月ももう半ばですね。

世の中も少しづつ落ち着きはじめた様に感じられます。

引き続きご自愛下さい。

 

本日は模型についてお話させて頂きます(^^)

 

なかなか馴染みがない方は、図面を見てもどんな形をしているのかイメージがつかない…と言う方も多くいらっしゃるようです。

弊社では可能な限り1/100又は1/50サイズの模型を作成し、お客様にイメージしていただける様に取り組んでおります。

平面で見るよりも、ずっとイメージしやくすなったとお声を頂けています。

 

 

家づくりはやることが沢山あり大変だとは思いますが、楽しく一緒につくりあげていきたいと考えております(^^)/

お客様の夢を叶えられる様に、弊社一同全力でサポートさせて頂きます。

 

山形市三日町に打合せ等でお使い頂けるofficeが出来ましたのでご紹介致します。

 

三日町officeでの打合せをご希望の際はご連絡頂ければと思います。

 

住所:山形市三日町一丁目4-17

お問合せ先は023-623-3741(代表)までお願い致します。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:注文住宅

東根のE様邸のご紹介です。

先日建方も無事執り行われ、いよいよ木工事に入ります。

 

 

 

 

今、弊社での注文が多い平屋のお住まいです。

 

 

ここで、平屋の特徴等をご紹介させて頂きます(^^)/

 

平屋はワンフロアで生活が完結するように考えられています。そのため、段差がない状態を実現しやすいのです。一生のことを考えると、もともと段差が少なくバリアフリー化に対応しやすいというのは、平屋のメリットといえます。

 

二階への行き来がなく、部屋ごとの距離が短いので、家事・生活動線がコンパクトになり、家の中での移動にかかる時間や労力が減らせるので、生活しやすいといえます。他にも子どもはもちろん、自分が高齢になったときなど、階段での転倒の心配も無くなりますね。

 

ワンフロアで生活が完結するので、家族で顔をあわせることが多くなり、自然とコミュニケーションも増えます。特に思春期になると、子どもは二階の子ども部屋に籠もりっきり…なんてお悩みもよく聞きます。子ども部屋も含めてワンフロアに収める平屋は、常に家族の気配を感じられる家といえますね。

 

平屋は構造がシンプルになる場合が多く、重量も軽くなる傾向にあります。耐震性を考える上では重量による影響度も大きく、重量が軽い平屋は構造的な安定のしやすさもメリットのひとつといえるでしょう。

 

 

ワンフロアのなかに必要な部屋やスペースをすべて収めるということは、その分土地の広さも必要になります。単純に「部屋の広さ」と「部屋数」が同じとすると、平屋の場合は二階建て住宅に比べ、約2倍の屋根面積と基礎面積が必要となります。これが一般的に「平屋は2階建てより約2〜3割高くなる」といわれる理由です。

平屋の場合、二階に比べると侵入が容易なため、割れにくい窓にしたり、あるいは侵入されにくい造りにするなど、防犯面に関しても、相談しながら決めておくと安心です。

 

平屋にご興味がございましたら、お気軽にご連絡お待ちしております(^^♪

 

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

弊社では誠に勝手ながら5月3日(日)〜5月6日(水)までのゴールデンウィーク期間を休業とさせていただきますので、お知らせいたします。

この間にいただきましたお問い合わせ等につきましては、5月7日より順に対応させていただきます。

期間中はご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。


なお、5月の営業時間は(月〜金・第1・3・5土曜日)9時〜と変わりなくご対応させて頂いております。

 

 

(有)義井住建


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM